【充実】堕落した大学生活を抜け出すための究極の方法7つ【脱した俺が教える】




大学生
最近生活が堕落している…バイトと家を往復するだけだ…やる気出ない…眠い…どうしたら良いんだろう。
大学生
堕落した人たちってどうなっちゃうのかな…社会から干されるのかな…不安だ…この生活から抜け出したい…何か方法はないかな…

こういった悩みを解決します。

今回の内容
①堕落した大学生活を抜け出すために俺が取った究極の方法
②おすすめは「とりあえず目標を見つけて興味のあることを片っ端からやること」だ

大学生活は、今までの中学高校と違って自由な反面、自分で自分を管理する「自己管理能力」が問われる。

そんな大学生活が始まった当初、私は「自分で自分を管理する」ということができず、家でダラダラアニメや漫画に勤しむ生活を4ヶ月ほど続けていた。

もちろん、次第に授業は行かなくなり、友達も減り、バイトもせず、身体は衰え、ただ家で目を開けて目を閉じるだけの日々を過ごすことが私の常なるライフスタイルと化していたのだ。

しかし、次第にお金を払ってくれている親への申し訳無さや、授業へ行かないことへの罪悪感から、焦りと不安が出てくる。

だが一度堕落せし者、こんな罪悪感では動かないのが真の堕落者である。これでは堕落者の名が廃るのだ。

「ま、いっか」

そんな一時の感情に支配され、今度は目を開けることもなくベッドで永眠することもしばしばあった。

しかしさすがにそんな状態は「やばいんじゃないか」と思った僕は、とりあえず皆を見返したいという思いから、なんとなくカッコ良さそうで自慢できそうな、スターバックスでアルバイトを始めた。

9ヶ月間スタバでバイトをした大学生が働くメリットやら実情やらを全て語る

2016.11.04

でも、そんな浅はかな動機とは裏腹に、そこから世界が変わった。

毎日が充実して、元気とやる気もみなぎって、そこから色んなことへチャレンジするようになった。

ボランティア、アルバイト、プログラミングスクール、長期インターン、ブログ…など、「あれも違う、これも違う」なんて思いながら、興味のあることに片っ端から手を出していった。そこから、段々と行動的になってきた。

結果的にではあるけど、現時点ではブログで最高月3〜5万の収益を生むことができたし、フィリピンに1ヶ月無料で留学することもできた。


そんな僕が「堕落した大学生活から抜け出したい…」と悩む大学生に伝えられることがあるかもしれない。そう思ってこの記事を書いてみた。

僕が取った行動を何かしら参考にしてもらえると嬉しいな。では早速見ていこう。

 

目的を見つけ、目標を立てる

まずはじめはここからだ。

君は今、何か目標としていることはあるか?

アルバイトで一番を目指す、単位を全部取る、月10万稼いで遊ぶ、将来良いところに就職したいから就活を頑張るなど、その目標は何でも良い。

「何のために、何を達成するか?」

人間は、目的や目標がなければ堕落し衰退して、やがて屍のごとくベッドに張り付く。なんでも良いから目標を作れ。興味のあることでも何でも良い。

そんなの見つからない?分かった。そんなときの対処法も次に用意してある。なぜなら今までの俺がそうだったからだ。では読み進めていってくれ。

 

とにかく何でも良いから行動して世界を見ろ

君は今もしかしたらベッドの中かもしれない。ソファの上かもしれない。14時に起きてしまうロングスリーパーかもしれない。集中もまともにできないかもしれない。

けどそのままだと、もしかしたら一生”そのまま”だ。

その時間でできた遊びや勉強、恋愛、バイト、その時間を全て君は失っているのと同じだ。

辛いかもしれない。生活を変えるのはめちゃくちゃに大変だ。僕だって相当苦しんだ。できない自分を何度も悔やんだ。

けど、”とりあえず何かをすること”で生活や意識は少しは変わった。毎日12時に起きるような生活をしていた僕は、アルバイトを始めたことで朝4時に起きることも可能になった。

そしてアルバイト先で様々な活動をやっている仲間に会い、興味を持ち、また他のことへと手を出すようになった。

最初は辛い。これは今までの経験上そうだ。

だからこそ、一歩ばっと踏み出して興味のあることに手を出そう。では次に、そんな具体策を用意しておいた。参考程度に見ていってくれ。

【保存版】後悔するな!大学生のうちにやるべきこと17選まとめ!

2017.04.29

 

アルバイトをする

特に目標がないのなら、とりあえず興味のあること片っ端からやってみるのがおすすめだ。

人は何か行動を起こし何かを知ることで興味が刺激され、そこからさらに興味が広がっていく。

だからこそ、アルバイトをやっていないのならアルバイトをやろう。

なんとなくつきまとう責任感、人とのコミュニケーション、仕事の進め方、頭の使い方など、堕落しきった身体にはちょうどよいスパイスになる。お金だって稼げる。

今何もしていないのなら、いますぐやろう。

9ヶ月間スタバでバイトをした大学生が働くメリットやら実情やらを全て語る

2016.11.04

 

長期インターンをする

アルバイトなんてとっくにやってるわ!そんな方にはこれがおすすめだ。

企業に入って将来少しでもためになるような業務をする。僕も今まで3社でインターンを重ねてきた。

電話対応から他企業のお客さんへの対応、事務、ウェブサイト制作、マーケティング、将来ビジネスマンとして生きていくとしたらそれは確実に役に立つ。

アルバイトが役に立たないとは言わない。が、バイトとは違った「自分の頭で考えて行動する」という

【2018】20卒が絶対に登録すべき俺的おすすめ就活サービス9選!【※随時更新】

2018.04.20

 

早く寝て早く起きる

早起きをすれば世界が変わる。

これは今まで11時に起きていた僕が5時に起きたときは、本当にここは日本の都会なのかというくらい人が居なく、静かで空気が美味しかったのをよく覚えている。

ただ、早起きするには早寝が大事だ。眠れないかもしれないが、眠ろう。眠れなければ、1日寝不足で過ごそう。そして次の日、ぐっすり早く寝て早く起きよう。

科学的証明ができなくて申し訳ないが、僕は今早起きしてブログを書いたり本を読んだり、マーケティングの勉強をしていたりする。この積み重ねがやがてどうなるか、、想像してみると良いかもしれない。

 

SNSやゲームをやめる

無駄に目的もなく眺めるSNSやゲームは無駄だ。今すぐアンインストール。

もちろん全否定するつもりはない。ただ、「ゲームばかりやっていてしょうもないな」こんな意識があるなら、とっととやめてしまうのが吉だ。

今までかけてきた時間や上級アイテムのことなど気にする必要はない。そんなもの失ったって君の人生は転落したりしない。

 

一人旅に出る

とりあえずタイヤベトナムあたりの東南アジア行きのチケットを取ってしまえ。

OK、Please、No。これくらい話せれば死ぬことはない。海外に行ったことがないなら、なおさらだ。

あっちに行ったらとにかく行動を起こさざるを得ないので、堕落なんてさよならだ。日本の東京ほど人はせかせかしていないし、バックパックは楽しいので非常におすすめだ。

 

最後に:とにかく興味のあることに手を出してみよう

世の中にルールなんて決まっていない。常識に囚われず、自分のやってみたいこと、興味のあることに素直に手を出してみよう。

周りがどう言うかなんて関係ない。それが自分の真の選択であり、自分のオリジナルな道だ。

だから、君が思う「なんとなく良いな」と思う直感を大切にしてみてほしい。それが君にとっての正解の道だからだ。

どうしても行動できないときは、同じような志を持った友達を誘って一緒にやるとよいだろう。責任感や張り合いが出てモチベーションの維持ができる。

「どんなことができるか、もっと知りたい」そんな君には以下の記事がおすすめだ。

【保存版】後悔するな!大学生のうちにやるべきこと17選まとめ!

2017.04.29