【保存版】後悔するな!大学生のうちにやるべきこと17選まとめ!




 

「大学生になったは良いものの、何をすべきかわからない」

「やってみたいことが多すぎて分からない」

「みんなどんなことしてるんだろう?」

 

この記事を見ているあなた、実は悩んでいませんか?

少なくとも僕はそうでした。

 

「就活に向けてなんかやった方がいいんじゃね?」

「でも何すればいいの…英語?」

 

今ではやりたいことが見つかって、それに向かって走っている最中ですが、その「やりたいこと」が見つからないと不安になりますよね。

「何かやったほうがいいんだけど何をやったら良いかわからない…何がしたいのかわからない…」

 

ということで今回は、過去の僕がひたすら悩んで調べた経験から、「大学生は何をしておくべきなのか?」というのを自分の意見を織り交ぜてまとめてみました。

これをやれば充実する!就活もラク!というのを保証するものではありませんが、大学生らしい、もしくは逆に、他の人とはちょっと違った生活を送ることができると思います。

「何をしたいか分からないけどとりあえずなんかやってみよう!」とか「学生生活充実させたい!」とか、そんな人におすすめです。

 

読書

とにかく興味のある、面白そうな本を手当たり次第読んでみましょう。

僕はもともと読書が大嫌いだったのですが、大学入学を機に本を読むようになり、多くのことを学ぶことができました。

読書が死ぬほど嫌いだった大学生が毎日本を読むようになった話

 

本は自分の世界を広げてくれます。そして、自分の中で無意識に思っていたことが言語化されていたりします。興味・関心を広げて、より視野を広げていきましょう。

【厳選】大学生が読むべきおすすめの本を23冊ピックアップしてみた

 

映画をたくさん見る

自分の世界を広げてくれるのは本だけではありません。

映画にも様々な世界観があります。

大抵はフィクションですが、意外と勉強になったりもするものです。

そして、映画をゆっくり見られるのも時間に余裕のある大学生のうち。

僕の友達で年間100本とか観てる人もいます。

映画も本と同様、自分の興味を押し広げてくれるものになるでしょう。

(僕はアニメばっか見てますが)

 

自動車免許の取得

社会人になって免許を持ってない人が口を揃えていうのが「時間がない!」

働きに出るとマジで時間がなくなるみたいなので、とりあえず免許を取るだけでも学生のうちにやっちゃいましょう!

ちなみに僕のオススメは、免許合宿に行くことです!

【調査】免許合宿に出会いはあるのか!?実際に参加してきたので報告します

めちゃくちゃ楽しめて&料金も変わらず&短期間で取れるので超オススメです。

 

サークル活動

とりあえず、大学生っぽいことをやるならこれ!

オーランサークルでもテニサーでもボランティアでもなんでも良いです。

自分が興味を持ったものに飛び込みましょう。

みんなで作業したり練習したりお酒飲んだり遊んだり。

友達と一緒にダラダラできるのも大学生のうちだけなんじゃないかな。

 

恋愛

意外とみんな口を揃えて言っているのがこれ。

「自分の気持ちに素直になって、自由に恋愛できるのも若いうち」と聞きます。

新しく出会いまくるもよし!同じ人と長く付き合うもよし!

時間があってなおかつ出会いがある学生はこのチャンスを生かす他ありません。

 

一人暮らし

これは僕がやっておくべきだな〜と後悔したこと。

身の回りのことを全て自分で行うことで、精神的にも肉体的にも自立できるんじゃないでしょうか。

自分のことは自分で決める。自分なりに考える。

これは生きていく上で非常に大切なことなので、社会に出る前からこういう経験を積んでおくのは重要な気がします。

【自信】「自分の頭で考えること」って”超”大事だと思いません?

 

語学の勉強(英語、中国語など)

これもやっておけば良かった!と後悔してることですね。

僕の場合、大学1〜2年の頃は英語の勉強をする意味なんて分からず、完全に放棄してました。

そして大学3年生になった今、本当に後悔しています。

外国語を話せれば、見える世界も変わるし視野も広がります。1〜2年の頃はこれに気づけなかった。

特に英語なんか話せれば、海外に行ったときに何10倍も楽しめます絶対。

将来の選択肢も増えますし、習得していて損はないはずです。

 

バックパック(長期旅行)

海外でも日本でもいいので、自分の住んでいるところから離れた場所へ行ってみると面白いです。

特にバックパックなんかは全て自分の責任で動くので、自分で考え、決断する経験もできます。

僕なんかは、海外ボランティアとして2週間インドネシアに行っていたのですが、文化の違いに驚きまくって「こんな世界があったんだ」と感動した記憶があります。(大げさか)

 

友達と行くもよし!ソロで挑むもよし!

きっと感動的な経験ができます!

 

ヒッチハイク

これも学生ならではな感じがします。

やった人曰く、「自信がついた!」「人見知りを解消できた!」と、面白いながらも、良い経験もできそうです。

僕も沖縄旅行に行ったとき、たまたま何かのきっかけで話すようになった高校卒業したての女の子2人が、ヒッチハイクで沖縄を周っていると言っていました。

いろんな人に出会えて良い経験になったと言っていて、しかも楽しそうに活動していたのが印象に残っています。

僕はまだやったことありませんが、やる価値は十分ありそうです。

 

接客バイトをする

結論から言うと、かなり良い経験になりました。

僕はみなさんご存知のスターバックスというカフェで働いてたんですが、このバイトのおかげでコミュニケーションの自信がつきました。

9ヶ月間スタバでバイトをした大学生が働くメリットやら実情やらを全て語る

 

適切な言葉遣いと声の出し方、相手との円滑なコミュニケーションを学ぶには、接客バイトを経験すべし!

半年〜1年くらいやれば絶対身につきます。

 

長期インターンシップ

普通のアルバイトは、基本的には時間と引き換えにお金がもらえるというようなイメージです。

しかし、長期インターンシップはビジネスです。働くことで将来に直結する学びも得られ、かつお金ももらえます。

大学1年生のうちは接客バイト。そして2年生からは長期インターンを行うのがいいんじゃないかな〜と個人的に思います。

実際に企業で正社員と一緒にビジネスをするので、就活にも有利になることも多いそうです。

アルバイトより時間対効果が高いと言えますね!

【大学生必見】面白そうなインターン情報サイトを5つまとめてみた

 

できるだけ多くの人と関わる

同じ大学の先輩後輩同期、他大学、バイト先、インターン先、社会人…。

大学生になって自分の世界が広がったような気もしますが、案外まだまだ狭いものです。

世の中は広いんです。

ブログで稼いでる人がいたり、海外に一人で何ヶ月も行ってたり、モデルやってたり、バリバリインターンやってたり…。

そういった面白い人たちとも出会うことで、刺激を受けたり考え方が変わったりします。

「こんな世界あったんだ!」と知ることで、本当に自分が生きたい道が拓けたりもするものです。

だから社会人でもなんでも、多くの人と関わっておくことをオススメします。

 

興味のある学生団体に飛び込む

これもやってみれば良かったな、と後悔しています。

サークルは学内で完結することがほとんどですが、学生団体は学外で行われていることが多いです。

なので他大学の友達ができたり、普通の学生とは違った体験ができたりと、面白そうな要素がたくさんあります。

雰囲気を掴むだけでもよし!友達作るだけでもよい!本気で打ち込むもよし!

とりあえず興味のあるところに行ってみましょう!

 

大学周辺を開拓!

暇な時間、大学周辺のカフェやランチを開拓してみましょう。

せっかく大学に通っているんだから、周辺の面白い店を探してみるのも楽しいですよ!

案外会話のネタになったりもしますし、単純に隠れ面白い店があったりして面白いです。

暇でお金があるならぜひやってみてください。

 

ブログで情報発信をする

これはマジでやっといて良かったなと思います。

インターネットで調べりゃ何でもかんでも情報は手に入る!と思いがちなんですが、意外とそうでもないんです。

ネットには、まだまだ世界に起きてることのほんの少ししか載っていません。

だから、あなたが経験したことも、十分価値のある情報になります。

おすすめの漫画でも、ヤクザに捕まった話でも何でも良いんです。それを求めている人は必ずいます。

それで見る人が増えればお金が稼げる時代です。

やらない他ありません!

【祝3ヶ月】ついに40,000PV突破!大学生でもブログで数千円は稼げる

 

とりあえずやってみる精神を身につける

プライドなんか捨ててとりあえずやってみましょう。

たいていのことはやってみないとわかりません。

レモンの味は酸っぱい!っていうのは実際にかぶりついてみないとわからないですよね?それと同じです。

かくいう僕も超!慎重な性格&プライド高めなので人のこと言えませんが、経験上、考えるよりもやって見る方が案外多くのことを学べたりするものです。

 

さいごに:「何をやるべきか?」を自分で考える

そして僕が一番大事だと思っているのが、何事も「自分の頭で考える」ということ。

月間200万PVのブログを運営している、社会派ブロガーのちきりんさんもこのように言っています。

それでもなんとか一歩でも向かおう、という気持ちを支えてくれるのは、

「自分はこの人生を自分で決めてきた。

たくさん考え、たくさん悩み、

たくさんの反対意見や不安に取り囲まれる中で、

最後はきちんと自分で選んできた」

という自己決定の蓄積だと思う。

引用:ちゃんと自己決定してきたか?

 

大学生活をどうやって送るのか?何をした方が良いのか?

結局決めるのはあなたです。

ここにあげた「やるべきこと集」はあくまで選択肢でしかありません。

「やるべきこと論」に囚われず、あなたがやりたいことをやりましょう。

思考停止して、他人の思考の中で生きるのはやめましょう。

これが、僕が大学生活で一番大事だと思っていることです。

 







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です