*

つまらない大学生活を10倍充実させるためのたった1つの方法

   

こんにちは。

 

大学生になったは良いものの、正直

「毎日つまらない」

「想像してたのと違くね?」

「なんか違う」

なんて思っている人いませんか?

自分も最初は全然充実していなくて、本当に毎日超つまらない生活ばっかしてました。

でも”あること”をしてからは、見違えたように毎日楽しい日々に。

 

ということで今回は、「大学生活を10倍充実させるためのたった一つの方法」について紹介します。

聞くと一見簡単そうなんですが、人によっては難しいかもしれません。僕も得意ではないので。

この記事を読んだら、すぐに挑戦してみてください。

 

 



つべこべ言わずにとっとと飛び込む

そう、正直これに尽きます。

 

あまり考えすぎずに色んなところに飛び込んでください。

 

自分自身2年近く大学生として過ごしていますが、もうこれができないと何もできません。

 

むしろ、これができるようになると大学生活にドッといろどりが生まれます。

 

「バイトの面接不安だからインターネットで調べまくろう…」

「サークル一人じゃ不安だからまあいっかやめとこ…」

 

こういう風に考えている人、危険信号です。

 

もちろんある程度の情報収集は必要ですが、結局、安心材料を集めているだけじゃ何も始まらないし成長しないんですよ。

自分も、アルバイトの面接だったりサークルの新歓に行く勇気がなかなか無かったんですが、いざ行ってみると意外になんとかなるもんです。

友達にも、英語は喋れないけどバンバン海外に行ってる人だったり、インターンや交流の場とかにも積極的に足を運びまくってる人がいます。

彼らはなんら特別な能力とかないんですけど、とにかく行動力がすごいのでどんどん成長してる印象。

 

だから、四の五の言わずに飛び込むのが一番良いです。

 

失敗は次の挑戦に必ず役に立つ

まあ確かにいざ飛び込んでみても、もしかしたら失敗するかもしれません。

 

でも、この失敗経験が必ず次に活きます。

 

というよりも、次の行動がめちゃ有利になるので良いことしかないです。

僕の場合、最初タリーズの面接に緊張しすぎて落ちましたが、スタバの面接ではその失敗経験が活きて堂々と話せるようになりました。最初の失敗のおかげですね。

 

経験上、「あれも準備これも準備、あれも考えてあれも…」ってやってても実際効果ないです。

「ばっと飛び込んで失敗してあーこういうことか」って学んだ方が本当に10倍くらい効果あります。

それくらい経験の重要性は高いってことです。

だから大学生は色んな経験をしろって言われるわけですね。

 

 

飛び込めば新しい世界が見えてくる

新しい環境に飛び込めば、新しい出会いがありますよね。

 

そこで色んな人と交流することによって、自分の視野も広がってこれからの選択肢もどっと広がっていきます。

 

世の中には本当に色んな人がいるんですよ。

・バックパックで海外を飛び回っている人

・企業でバリバリインターンをやる人

・めっちゃプレゼンが上手い人

・いっつも面白い人

・ブログで稼いでる人

 

「こんなことやってるんだ!」とか「この人はこういう考えを持ってるのか!」とかたくさん刺激を受けます。

それから「いいなこれ、自分もやってみたいかも!」って思うことがあるかもしれません。

それは選択肢が増えた証拠です。

世の中のことをたくさん知れば、それだけ視野と選択肢が広がってまた新たな行動をとることができます。

僕自身も、インドネシアに2週間ボランティアにいったり、友達と離島に行ってみたり、青春18切符で旅をしたり色んなことに手を出しました。次は長期インターンに挑戦する予定です。

 

行動→発見→行動→発見…のサイクルを回していけば、あなたの世界はどんどん広がっていきます。

 

さいごに、あなたは失敗に対するプライドを捨て切れるか

「失敗して変な風に思われたら嫌だな…」

こう思ってしまうのはわかります。自分もかなり気にする方だったので。

でも、いつまでもこう考えていては行動なんてできないです。

行動によるリターンはでかいんですよ。超もったいない。

 

少しでも興味があったりやってみたいことがあったら、プライドを捨てて飛び込んで見ることをお勧めします。

 

まとめ

この「飛び込み」ができるのとできないのとでは、大学生としての質に雲泥の差が生まれると思っています。

それらの経験が必ず将来に生きる!と僕は思っているので、これからもフットワークを軽く色んなことに挑戦していきたいと思います。

自分に言い聞かせる意味でも、今回の記事を書きました。この記事であなたの背中を押すことができたら嬉しいです。

 - 大学生