9ヶ月間スタバでバイトをした大学生が働くメリットやら実情やらを全て語る




 

 

「スタバで働きたい!!!!!!」

 

そう思った俺だが、なにせバイトをやったことがなくて何をしたらいいかわからない。

ということで、とりあえず試しに同じくチェーン店の「タリーズ」の面接を受けることに。

 

しかし面接当日遅刻した俺は、

緊張でガチガチに固まってしまい見事に爆散

 

もちろん採用の連絡も来なかった。

「こ、これが、アルバイトの面接ってやつか…!!」

味をしめた俺は、今度こそ憧れのカフェ「スターバックス」へ応募。

結果、なんとか採用

喜びすぎて命を落とした覚えがある。

 

しかし、ここから俺の壮絶な物語が始まるのであった…

 


 

はい、どうもこんにちは!現役大学生のけいだ!

実際に俺がそこで働いたのは、約9ヶ月間

研修から実際の接客、ドリンク作成までたくさんのことを詰め込んでいったのだ…。

ということで今回は、”スタババイトの全貌”と称して、応募や面接、実際の業務からぶっちゃけた話まで全てを語っていこうと思う!!

「スタバでバイトがしたい!」と思う人はたくさんいると思うので、ぜひこの記事を参考にスタババイトを始めてみるのだ!!

 

▼コチラの記事もどうぞ!

【2018】20卒が絶対に登録すべき俺的おすすめ就活サービス9選!【※随時更新】

2018.04.20

【保存版】後悔するな!大学生のうちにやるべきこと17選まとめ!

2017.04.29

 

応募の競争率は高い

 

俺「僕が面接だったとき、倍率って高かったんですか?」

社員「ん〜?あー結構高かったねー。

 

誰もが知っている通り、スターバックス自体の人気はかなり高い

女子高生から大学生、社会人、おじいさんおばあさん…。

これだけの人気があればもちろん、そこで働きたいと思う人が多いのも必然だろう。

おしゃれに敏感な大学生やフリーターの多くが、このアルバイトに応募している。

ちなみに、倍率はだいたい5倍〜20倍と言われているよう。はちゃめちゃに高ぇ…。

 

スタバの時給は高いの?安いの?

 

だいたい900円〜1200円くらい。

まあぶっちゃけ、安い

最初なんか900円スタートで研修が終わっても920円とかの世界。

安すぎて死人が出るレベル。

しかし、階級が上がれば給料を増やすことも可能だ。以下がその階級。

 

  • 研修生
  • バリスタショート
  • バリスタトール
  • バリスタグランデ
  • バリスタベンティ

 

このように、ドリンクのサイズ名で階級が決められている。面白いだろう?。

そして階級を上げるためには、スタバに関する様々なことを勉強して数々の業務をこなした上で、テストを乗り越えなければならないのだ。

しかし、その道がなかなかに険しい。

完全にお金のことだけを考えている人には、到底無理な世界だと言えるだろう。

以上のことを考えると、やりがい等を別とすれば時給は低いと考えた方が良いです。マジでね。

 

応募は公式サイトからGO!

 

アルバイトの応募は公式サイトから行うことができる。

 

アルバイトスターバックス コーヒー ジャパン

しかし、アルバイト採用が決まると祝い金3万円が貰える、アルバイトEXから応募するのが、個人的には賢い選択。登録だけでもしておくべし。

手順は以下の通り!

  1. サイトを開くと、【募集店舗情報はこちら】というボタンがあるのでクリック。
  2. そこで自分の働きたい店舗の検索
  3. ここから電話で連絡を取り、「アルバイトの応募をしたい」との旨を伝えればOK。

あとは電話で、名前や連絡先、希望のシフトなどが聞かれます。

 

※ここで注意点!

働きたいと思っている店舗が必ずしも募集をしているとは限りません。

定期的に掲載したりしなかったりを繰り返していて、掲載されていても募集期間が決まっています。

なくても数日後に復活しているかもしれないし、あっても明日には消えているかも。

そこをよく注意してみるのがポイントです。

「それでも働きてえんだよ!!」と言う情熱のあるそこのあなた、そう思ったら店舗に直接電話してみよう。

もし募集していなくても、そこから面接につなげてくれるかもしれない。

 

働いてる人は大学生〜主婦まで様々

 

自分の働いていた店舗では、年齢層はかなり幅広かった。

大きく分けると、大学1~4年生、20代フリーター、主婦の3種類。

ただし、ぶっちゃけ学生の比率はかなり高い。

ちなみに、さすがにおじいちゃんおばあちゃんクラスの人はいなかったけどね

 

面接当日の流れ

 

応募の電話をした数日後、面接をするに値すると判断された場合は、再度スターバックスから電話がかかってきます。

(一応この時点で一次選考通過)

そこで面接の日程を決める。

面接は、小型店舗だと客席、大型店舗だと別の控え室で行うことが多いようだ。

時間通りに店に赴き、店員さんに「アルバイトの応募をしたものですが…」と言えばOK。

だいたい社員の人が出てきて、面接が始まります。

※面接の前に、名前、シフト希望、土日は入れるか、テスト前でも入れるかなどの必要事項を書く時間がある場合もあるぞ。

 

面接時の服装と髪型は?

できるだけキレイ目で清潔感のある服装が好ましい。

と言っても、常識の範疇を超えた髪色や服装をしていなければOKだ!

俺の場合、髪を染めていて多少赤かったが、白シャツと細身のデニムジーンズという超絶王道スタイルで勝負に挑んだ。

ジーンズや黒パンツに白シャツ。困ったらこれでいけ!

 

これやっときゃ大丈夫!よく聞かれる質問集

  • 自己紹介をしてください
  • 自己紹介へのツッコミ
  • なぜこの店舗を選んだのか
  • 休日の過ごし方
  • 趣味
  • 今まで一番苦労したこと、またそれを乗り越えるためにどうしたか
  • チームでの経験とその時に果たした役割
  • 雇われたあとにどう貢献できるか
  • スターバックスでの業務を通してどうなりたいか
  • 自分の長所と短所
  • 将来なにをしたいのか
  • この店舗の特徴はどんなところか
  • 好きなドリンクを教えてください

 

面接では、結構たくさんのことを突っ込まれると思った方が良い。

実際、自分も自己紹介志望動機苦労したことなどは聞かれた。

まあでも実際、嘘をつかずに素直に受け答えしていれば問題はなさそうですよ。多分ね。多分。

 

シフト希望が結構大事

最低、週3〜は入れないと厳しい。

実際週2からOKと書いてあるところは多いけど、落とされる可能性は高いと思って良い。

加えて自分の働いていた店舗では、オープンクローズといって始まりや閉め作業ができる人が特に優遇されていた。

しかしその時間、朝の6:00〜と夜の〜0:00。(店舗によります)これがなかなか厳しい。やばくね?

  • 週3〜OK
  • 土日祝日OK
  • オープン・クローズOK
  • テスト前OK

俺は初バイトだったのものあり、入りたくて入りたくて仕方なかったので、これら全てにチェックをつけてしまった。

結果、生活のほとんどをスターバックスへ持っていかれた。

採用率は高くなりますが、ある程度少しは考えて応募しましょう。すべてを失う前に。

 

採用される受け答えの方法

ここで大事なのは、明るくはっきりと正直に話すこと。

変に嘘をついたり、どもったりしていてはだめ。

話すのが得意でなくて良いから、一生懸命、やる気を持って話すという誠意が大事だ。

案外面接官は、内容よりもそういうところを見ていたり。

実際自分も、初バイトということだけあってかなり緊張し、不審な挙動を見せた。

しかし、態度と熱意である程度カバーできたおかげで、無事採用をもらうことができたのである!(推測)

 

個人面接?グループ面接?

2~4人一気にグループ面接の場合もあれば、1対1のマンツーマンで行うこともある。

どちらかは、応募人数によって決まることが多い。

単純に応募が多ければ2〜4人一気にやるし、少なければ1人ずつ行うっていうだけの話。

ちなみに自分の場合は、事前にグループか個人か知らされることなく応募者2人対社員2人でした。

社員の質問に対して、それぞれが順番に答えていくというスタイルだった。

 

研修は2~3ヶ月!先輩達がめちゃくちゃ丁寧に教えてくれる

 

 

スタバの研修期間は、一般的に2~3ヶ月かかります。時間換算すると、およそ80時間。

この時間内に、接客やドリンク作成技術はもちろん、コーヒーの歴史やスターバックスの理念、テイスティング、コーヒーの淹れ方までかなり多くのことを詰め込んでいく。

最初は本当に何をしたら良いかわからないんですが、社員や先輩の人たちがこれでもか!ってくらい手取り足取り教えてくれるんですよ。本当に優しくて死ぬかと思った。

実際自分が研修のときも、失敗したら次はどうしたらいいのか、実際にどうやるのが効率的なのか等、いつも的確なアドバイスを言ってくれた。

 

というのも、研修時はバリスタトレーナーと呼ばれる先輩たちが教えてくれることになっているから。

彼らは、研修生を教育するための勉強をきちんと行い、テストを通過している。

スタバの研修が徹底していると言われる所以は、実はここにあるのだ…。

ちなみにこの研修が終わりに差し掛かると、いわゆる”バリスタ認定”と呼ばれるテストを受けることになる。

これに合格すれば研修もようやく終わり。

自分の場合、最初からシフト希望を出しまくったので短期間で研修内容を詰め込まれ、1ヶ月で”バリスタ認定”を終わらせました。

俺の人生はこれまでかと思うほどに大変だった。

 

実際の仕事内容

 

緑のエプロンをつけている店員は皆「バリスタ」と呼ばれ、研修を終えて数々の業務をこなしている。

さてここでは、スターバックスで行われる実際の業務を大きく4つに分けて説明していこうと思う。

これらができるようになって、ようやく一人前のバリスタだ!!

 

レジ業務

主に注文を聞き、会計を行う。

取り扱うものは、ドリンク・フード、タンブラー、スタバカード、コーヒー豆など様々。

そしてここで重要なのが、客に対して積極的にコミュニケーションを図ったり、気持ちよく対応することだ。

彼らは、客を迎えるために、居心地の良い場所にするために日々努力をしている。

スタバの店員さんがみんな優しくて感じが良いのは、この努力の成果ということだ!!

 

ドリンク作成

個人的には、ドリンク作成が一番難しい。

スターバックスの全てのレシピを暗記し、寸分違わず注いでいく。

加えて、スタバは混むので速さも求められる。

集中力がないとなかなか為せない技で、大型店のピークタイムでは一つのミスも命取り

俺はこの悪魔のような状況に放り込まれ、命を落とした経験が何回かある。

 

ウォッシング

ひたすら洗浄!

皿、トレー、容器、器具…洗い物はたくさんある。

自動洗浄機があるのである程度は楽なんだが、これも速さと正確さが重要となってくる。

客に提供するものだから、適当には済ませられない。

チョコレートがついた皿を出してしまった暁には、次の日君の家は焼き払われるだろう。

スタバはこういうところまで非常に徹底しているのだ。

 

フロア業務

テーブルやゴミ箱の清掃、または常時置かれているミルクや砂糖の補充が主。

ゴミ箱がたまればすぐ交換し、トレーや皿が重なれば直ちに裏へ運んでいく。

常に清潔さを保つために、こういったところも抜かりない。

 

シフト希望が少し特殊

 

 

普通のアルバイトでは、1ヶ月ごとにシフトを出すのが一般的だと思うのだが(だよね?)、

スタバは毎週、3週間後のシフトを提出して1週間ずつ決めていく

下の図をご覧頂きたい!

 

上記のような仕組みになっているのだ。これを毎週行っている。

メリットとしては、一気に決まらないので融通がきくところだろうか?

急な予定にもある程度は対応しやすいと思える!

 

バイト中の服装は?

 

基本的に、下は黒のパンツかロングスカート。

上は白シャツやタートルネック、ポロシャツなどがOKとされている。

しかし、店舗ごとで決まりが異なるため、一概には言えないのだ、すまないな。

実際に自分のいた店舗では、黒のパンツやスカートに白シャツのみというルールがあった。

まあ実際には緑のエプロンを常時着用するので、そこまで大きな違いは出ないです。

ちなみに、服は自腹なので注意。

 

髪型と髪色はどこまでOK?

 

ぶっちゃけ、清潔感があれば多少染まっていてもOK。

特に女子は、男子に比べて明るくても問題ない場合が多い。

規則にはダークブラウンぐらいまでと書かれているんですが、それより明るい人も結構な割合で存在する。

実際、面接を突破して雇われてしまえば、注意されない限り少しくらい明るくても大丈夫。

自分も髪が赤かった上、さすがにやべえだろと思ったのは、先輩に緑色の人とかもいた。

しかし、奇抜で不快感を与えない程度なら、問題ないということだろう。

 

嬉しいスタバの福利厚生

 

スタバには嬉しい福利厚生が3つある!

自分も、フラペチーノのありがたみがわからなくなるくらい、この恩恵を受けてきた。

 

パートナードリンク

なんと、出勤・休憩・退勤時に好きなドリンクを1杯無料で飲むことができるのだ

コーヒーやココアからあの1杯500円前後で売られているフラペチーノまでもが、実質飲み放題!

自分はこの”パートナードリンク”を活用しまくり、甘いドリンクを飲み漁りひたすらに貪った。

 

結果、体重が5kgほど増えた。

 

パートナービーンズ

パートナービーンズは、週に1度100gのコーヒー豆を持ち帰ることができる制度。

コーヒー好きにはたまらないだろうし、なにより勉強になる。

スタバ店員は、客にコーヒーの味の違いを聞かれたとき、きちんと自分の言葉で答えられるようにならなくてはいけないため、味や香りの勉強をするのだよホホホ。

 

パートナー割引

これは、スタバで買う商品が全てが15%割引になるというもの。

自分の店舗だけでなく、他の店舗でも使えるので非常に嬉しい。

さらに、スタバで新商品が出されると、その後1週間はその新商品の割引率が30%になる。

働いていた頃は、新しく出たタンブラーや新商品を買ってお得に過ごしていたものだ。懐かしいのう。

 

働いている人は皆、生き生きとしている

 

実際働いていたときの印象だが、バイト仲間は皆かなりいきいきと働いていたように思う。

明るく、仕事もできるし、なにより感じが良い。

故に職場の雰囲気もよく、自分ものびのびと働くことができた。

皆、業務に充実感を感じていて、自信を持っている様子。

素直でまじめな人には合っている環境だと言えるだろう!

 

GABカードが嬉しい

 

ご存知だろうか?スターバックスには、GABカードというものがある。

これは何かというと、同じバイト仲間が良い行いをしていたときに送る、褒めカードみたいなもの。

例えば接客中に、客とうまくコミュニケーションをとり笑顔を引き出すことができたとき。

また、客が悩んでいた時に知識の中から最適と思われる商品を提供したとき。

それらを見ていた仲間たちが、その行いの良いところをカードに書いて本人へ渡します。

これがまた嬉しい。

初めてもらった時あまりの喜びで大粒の涙を流し、店舗を洪水へと陥れた。

自分がうまくいったときに褒められることでやる気が上がる。

スタバもうまい制度を思いついたものだ。

 

スタバで働くことのメリット

 

ここからは、実際に自分が働いて上で感じたメリットについて紹介していこうと思う。

スタババイトの良いところはたくさんあるのだよ。

 

ドリンクやフード、カスタムにめちゃめちゃ詳しくなる

第一はこれ。

ドリンクにめちゃ詳しくなります。

あの頃はわからなかったドリンクの味。わけのわからないカスタム。

 

今では全部思いのまま。

俺の手の内じゃ!!!!シャッシャッシャー!!!!!!!!

 

これで女の子とのデートもバッチリだ。

カスタムでテンパることもなく、おいしいドリンクを注文することができるようになる。

このためにスタバに入ったと言っても過言ではない。

 

コミュニケーション力UP

この種の仕事は、バイトや社員だけでなく、毎回毎回たくさんのお客さんとコミュニケーションをとることになる

以前はコミュ障だった自分ですが、それらの経験がコミュニケーション力UPにつながり、今では初対面の人とも自信を持って話すことができるようになった。

言葉遣いや声の出し方も治り、かなり自分に自信がつく。この恩恵は大きい。大きい、、。

 

人間的にかなり成長できた

レベルの高い接客や、正確でスピーディなドリンク作成。

それからコミュニケーションやその他の知識、経験が積み重なったことで、意識高く言えば人間としての幅が広がったように思う。

厳しい環境の中で失敗し、ときには怒られ、何度も試行錯誤を重ねてスキルを上げようとした努力。

その経験が、自分を大きな成長へと導いてくれ、今ではその成長をかなり実感している。

自分への自信や心持ちが、以前とは違うのだよなぜか。

こういった意味でも、スタバで働くことのメリットは大いにあると思う。

 

出会いがめちゃくちゃある

自分の店舗にいた人数は、なんとバイトだけで40~50人ほど。

主に大学生が多いのだが、主婦やフリーターなど、他にも様々な人が働いていた。

言葉遣いが面白い人、仕事がめちゃくちゃできる人、将来絶対成功するであろうデキる人、人の気持ちがわかる優しい人。

本当にたくさんの出会いがあった。そして自分の、世界を見る目が少し変わった。

学ぶことも多くて、たくさん受けた刺激。

もちろん楽しかったし、他の何にも代え難い経験だったと思う。

あ、ちなみに女の子も多かった。イケメンも美女も結構いた。

うむ。スタバのバイトは本当におすすめだ。

 

 

モテる?「スタバでバイト」というステータス

女の子「バイトなにやってるの?」

俺「スタバだよ〜

女の子「!!?!??!?!?!?!?!!!」(雷が落ちる音)

 

正直に言って、これは無敵だ。

「スタバで働いてるぜええ!!ひゃぁあああっっほぉぉおおうう!!!」とアホみたいに叫べる。

カフェの中でも知名度が高く、おしゃれと評判高いスターバックスで働いているとなると見る人の目も変わる。

ステータスとしてはバッチリだ。

と思っているのは俺だけかもしれない。

 

「仕事ができる」に学歴は関係ない

 

たくさんの人との出会う中で、感じたことがあった。

それは、”仕事ができる”に”学歴は関係ない”ということ。

学歴が良くても仕事ができない人も一定数いるし、学歴が別によくなかったりする人でも仕事がめちゃくちゃできたりする。

受験で「学歴!学歴!」と言われてきた俺にとっては、衝撃的だった。

もちろん人それぞれ”合う環境”というものも存在するのだろうが、仕事ができる人に関しては、他の場所でもうまくやっていけそうな感じがする

学歴は武器だけど、それを振りかざすだけでは何の力もないのだということを思い知り、かなり刺激を受けた俺。

 

顔採用ってマジ?

 

どこのサイトもこれについて言及しているが、あえてこちらでも言わせてもらおうか。

顔だけで選ばれることはない。だが、見た目(印象)が良ければ+αだ。

顔ではない、見た目だ。

 

例えばの話。

  • 髪ボサボサ&服装シワシワの暗い顔をしたA君
  • 髪キッチリ&清潔感ある服装の笑顔が絶えないB君

どちらが印象として高評価になるかは、明白だ。

言うまでもなく、B君。

しかしこれでも、A君がめちゃくちゃ話し上手で熱意があり、逆にB君は熱意もなく適当に受け答えをしていたのでは、Aくんに軍配があがるのは当然。

ただ、見た目に気を使うことで、相手に良い印象を与えるのは大事だ。

もう一度言う。顔ではない、見た目だ

よって、顔採用説はただのガセ。気にするだけ無駄だ。

以上!!

 

スタバ信者?

 

ぶっちゃけ、スターバックス的な考えに染まりきっている人がいるのも事実。

めちゃくちゃ良い人なのに、スタバの理念に基づきすぎるあまりに、まじめすぎて機械みたいな人がいたり。

スタバの世界にハマるがあまり、タンブラーやグッズの異常収集癖。

ある種の宗教的なものになりつつもあるような気もしますが、まあそこは人それぞれでしょう。

 

本当に好きで働き続ける人と、惰性で働き続ける人

 

長く働いていると、だんだんと見えてくるものがある。

  • 日々能動的に仕事へ取り組み、楽しみながら成果を上げていく人
  • お金のためだけに働き、1日をやり過ごそうとする人

ぶっちゃけ、後者は全然楽しそうじゃない。むしろ暗い。

しかし彼らは、「”良い職場”だし”スタバ”は就職に強いしやめたら勿体ない」と考えてしまって身動きが取れなくなっている。

こういうわけで惰性で続けてしまっている人も中にはいる。

店員さんはニコニコ仕事に打ち込んでいるが、みんながみんな同じように楽しんでいるわけではないようだ。

これがある意味スタバの現実。

 

スタババイトの辛いとこ

 

スタバはぶっちゃけ慣れるまでが厳しい!

そこで次は、自分が実際にスタバで働いてみて”辛かったこと・大変だったこと”をあげていこうと思う。

ぜひ参考にして頂きたい!

 

レシピを全暗記

レシピは全て完璧に覚えなくてはならない。

ミルクやシロップを入れる量や順序など、一つも間違えてはいけない。

そうしないと、客へ適切なドリンクが提供できないから。

これは実践を交えないとなかなか覚えられないため、かなり苦労した。

てか一番苦労した、死ぬかと思った、

 

業務をスムーズに行うことの難しさ

スタバ店員は、客に気を使うこともさる事ながら、同時に正確さやスピードも求められる。

これが慣れないと結構難しい。

手際を良くするために、同じ流れを何十、何百と繰り返して染み込ませていくしかない。

頭ではわかっていても、体がついてこない。これにもかなり苦労した。

 

”自分で考える”ということ

これは自分が成し遂げられなかったこと。

基本業務に関してはある程度、うまい先輩の言動を見て盗み、学ぶ事でスキルを上げることができる。

だがそれ以上の、”自分で考えて行動する”という力はあの頃の自分にはなかった…。

「どうすればより良くなるか?どうすれば効率的か?」

これらを考え、模索していく力が必要だ。

真似をしている”だけ”ではダメ。

こういった試行錯誤が、自分を育て、個性を生み出してくれる。社会人になっても役に立つスキルなのだ。

 

さいごに大切なこと

 

以上が、スタバの全貌だ!

個人的な感想としては、かなり充実した経験をすることができた。

スタバで働こうか迷っている人は、ぜひこの記事を参考にとりあえず面接へGOするのだ!明るい未来が待っているぞ!

応募するなら、祝い金3万とか貰えるアルバイトEXが賢い。とりあえず登録だけでもしとくのがオススメ!

 

▼他のこともやってみたい!そんな学生には以下の記事がおすすめです。

【2018】20卒が絶対に登録すべき俺的おすすめ就活サービス9選!【※随時更新】

2018.04.20

【保存版】後悔するな!大学生のうちにやるべきこと17選まとめ!

2017.04.29